スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
日本への結婚の届け出
アメリカでこちらの方式にしたがって結婚するにあたり、日本への結婚の届けで手続きを調べた。こちらの結婚の証明書関係をそろえて日本に提出するのだが、日本大使館、日本総領事館に送付もできるが、どうやらアメリカ国内に書類を送ると、戸籍に反映されるのに1-2ヶ月かかるらしい。日本の本籍地役所に直接送付もできるらしいので、私はその方法を取ることに。というわけで、本籍地のある須磨区へ電話。

必要書類
婚姻届1通(注1
アメリカの婚姻証明証(マリッジサーティフィケイト)1通(注2
アメリカの婚姻証明証の和訳文1通(注3
旦那のアメリカ国籍証明書(注4
国籍証明書の和訳文1通(注3

注1 旦那の名前は英語ではなくカタカナで書く
   ただしサインは英語でよい 判子もなくてよいとのこと
注2 婚姻証明証はコピーではだめ
注3 訳は自分でしてもよい ただし訳した人のサインをきちんと添えること
注4 パスポートはだめ。出生証明証を取り寄せる事にしました。コピーはだめ

ちなみにこちらでの婚姻が済んでいるという事で、婚姻届右側の保証人の欄は無記入でよいとのことでした。あくまでも日本への報告という形になるらしいです。

大使館HPで調べたのよりずっと書類が少なくて済むし、戸籍反映も早いのでこっちのほうがいいかと思われます。本籍地のある役所での手続きだと、戸籍謄本とかいらないと思います。詳しくは自分の本籍地のある役所に電話するのが一番早くて確実かと。今手続きしそびれると、手続き忘れちゃいそうなので、婚姻届けを入手したら早々に送付する予定。

ちなみにアメリカ国内へ郵送する場合の手続きについて:
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/html/todoke/konin.htm
[2007/07/12 12:45 ] | 結婚のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
<<結婚しました | ホーム | 苗字変更>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。