スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
メキシコ旅行2日目part3
メキシコ旅行のこれまでの記事はこちら↓
1日目part1part2part3
2日目part1part2

ホテルへ戻ったのが夕方。まだ明るかったのでホテルのビーチバーへ行きマルガリータを頂く。ビーチのバーはもう閉まる寸前だったところらしく、バーテンさんがわざわざ別の場所までおつまみのサルサとチップスを取りにいってくれました。

ってことで、さすがにこれ食べないと失礼よねぇ。と、ホテルを信じて生サルサを食べる。これがむちゃくちゃ美味しい!(→その後お腹を壊す事もありませんでした!)

夜は車で出歩くのももう疲れたよね、ということで、ホテルのレストランへ。

私が注文したメキシコの薄焼きステーキ
Carne Tampiqueña

ホテルのレストランで、ドレスコードもあるお店でしたが、やはりお値段はとってもお安い。そして全部とっても美味しかった(* ̄∇ ̄*) メキシコで食べたディナーの中で一番美味しかった!デザートに食べたフラン(日本のプリンにすごい味が近い)も絶品。

マルガリータもワインも頂き、すっかりいい気持ちで部屋に戻ると、ちょうどホテルのすぐ横で花火があがり始める。

メキシコで花火が見れるとは思ってもなかった!
fireworks

そんなこんなで2日目が終了しました。そうそう、メキシコのホテルのテレビ、アメリカのメジャーなチャンネルが見れます。FOXとかCNNとか。普通に英語で放送しているのが見れるのでなかなか便利です。

3日目へ続く。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
↑遊びに来てくれてありがとう<(_ _*)>応援クリックをポチッと押していただけるととってもうれしいです。

スポンサーサイト
[2009/04/04 23:59 ] | メキシコ旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)
メキシコ旅行2日目part2
メキシコ旅行のこれまでの記事はこちら↓
1日目part1part2part3
2日目part1

�A�b�v���[�h�t�@�C��2日目part2
気を取り直してドライブ。ことあるごとに制限速度を気にする、ちょっぴり丸腰な2人旅となりました(;´▽`A``

一歩観光地をでると、リアルなメキシコ人たちの生活を感じられるエリア
drive

ちょっとあやしげな洋服やさん発見
mexico

素敵な木のトンネルを抜けて
Mexico

トウモロコシ畑を横目にさらに走る。山が近くなってきた!
Mexico

これはアガべ(agave)畑。
agave

テキーラの材料になる植物なのです
agave

山に入ると、露岩がむき出しの場所がたくさん。雨期に入るとしょっちゅう崖崩れで通れなくなったりするらしい。今はまだ乾期なので大丈夫。

これは崖崩れの痕跡?舗装道路が完全に土で覆われてます。
dirt_road

比較的新しい橋
bridge

この橋から下を除くと古い道が見えます
old_trail

以前はこの道で谷底までおりて再び山を登るルートしかなかったらしい。この橋ができたことで、ものすごい時間短縮になるそうな。しかしこんなところによく橋を架けれるもんだなぁ。

山の中のドライブはほんとに気持ちがよかった。時間が迫って来たので山頂付近で引き返す事に。もう1時間ほど走れば山麓の村に到着するらしかったのですが、時間切れで断念。かなり高いところ(おそらく標高2500mぐらい)までのぼりました。気温もここまで上がるとびっくりするほど涼しかったです。

帰りに出会った牛の一群とそれを追う犬と人
mexico_road

そんな2日目の午後でした。part3へ続く。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
↑遊びに来てくれてありがとう<(_ _*)>応援クリックをポチッと押していただけるととってもうれしいです。
[2009/04/04 23:59 ] | メキシコ旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)
メキシコ旅行2日目part1
メキシコ旅行初日の記事はこちらです↓
part1part2part3

�A�b�v���[�h�t�@�C��2日目の朝、外は快晴。やったね(* ̄∇ ̄*)

タラーン!ホテルのベランダからの眺めです
hotel_view

海も綺麗~(^_^)
ocean

もちろん朝食もついています。朝食はビーチとプールに面した吹き抜けのレストラン。食事はバッフェ形式になっています。

朝食エリア
breakfast_area

メキシカンスタイルのスクランブルドエッグ
breakfast

私のはオムレツスタイル
breakfast

どちらもハラペーニョペッパーが入っていて、ぴりっと辛くてすごくおいしい。これ以外にも美味しい菓子パン、フルーツ等々、たっぷりとブランチを堪能し、お腹いっぱい!

お腹がいっぱいになったところで、今日はドライブへ行くことに。夫が昔フィールドワークをしたエリア目指して出発!

と気分よく運転していたところで事件発生。

ハイウェイにあたる場所を運転していたのですが、道路脇に警察官。道自体もかなり混んでいたので、とろとろスピード周りの車にあわせて普通に走り去ろうとしたところ、急に警察官が手に持った書類で呼ぶ合図を私たちに送ってきたのです。

警察官曰く、ちょっとスピードが出過ぎているとの事。免許の提示を求められ、夫がテキサス州の免許を渡すと、切符をきる手続きをするから、一旦免許を没収し、あとで所まで取りにくるようにとの事。その際に滞在期間を聞かれ、月曜までというと、なら月曜の朝に取りにきたらそこで免許証を返却すると。

夫が、これから行きたい場所があるから、罰金を払うならここで支払いたいと申し出ると、ここだとレシートが出せないぞ、との事。さらに現金を手渡すと、今度はおつりがないと。もうこの辺で不信極まりない。

結局罰金という750ペソに対し、800ペソ/60ドルを支払いおつりもレシートもいらないというと、とたんに笑顔になり、最後になぜか私にまで握手を求めて来て解放される。

その後夫に聞くと、メキシコの警察はかなり悪名高いらしく、私たちの例も、確実にスピード違反のような速度ではなかったとの事。また、現地人は決して捕まえず(お金にならないため)、観光にきているアメリカ人を見つけてはこのように違反を問いただし、結局めんどくさい事になるよりは、という心理を利用して現金で支払わせ、結局記録にも残さずそのお金は警察官が着服するらしい( ̄Д ̄;)

夫曰く、スピードは出ていなかったと反論にでて賭けにでようかと一瞬思ったものの、ここでごねて長引いてイヤな思いをするぐらいなら、素直に800ペソ払って解放された方がずっとましとの判断だったらしい。

帰ってきていろいろ検索してみると、アメリカ人被害者は多数。特に空港へ向かう道路(警察署へ出向く時間がない事を知っての事)を運転する白人は観光客とすぐ分かるのでカモとなるらしい。超一流のリゾート地カンクンですらこのような事は多発しているらしい。

あまり日本人でメキシコでレンタカーなどという強者はいないような気がしますが、メキシコで運転する際には誰が追い越そうが、かなーり速度制限には慎重に。さらに警察官が立っていたら即自分の速度もきっちりチェックしましょう。

とちょっと出ばなをくじかれ、メキシコに対する評価もちょっぴり下がってしまいましたが、ここは気を切り替えてpart2へ続けるとします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
↑遊びに来てくれてありがとう<(_ _*)>応援クリックをポチッと押していただけるととってもうれしいです。

[2009/04/04 23:59 ] | メキシコ旅行 | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。