スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
パスポートの名前変更
今日はダウンタウンのメディカルセンターにダンナが定期検診で行く、ということで、これを機に、と、放置していたパスポートの名前変更と、在外選挙人名簿の登録のため、在ヒューストン総領事館へ行ってきました。

まずはパスポートの記載事項の訂正です。日本の戸籍名は旧姓のままですが、パスポートにダンナのアメリカ姓をカッコ書きで加える事で、どちらの姓でも航空券が買えるようになります。私の場合、アメリカではダンナの姓を名乗っているので、学会など大学を通しての出張などの際にこちらの名前でそのまま航空券が買える方がなにかと便利です。また、マイルを貯めるためには、同一の名前でないとだめ、というルールがあるため、アメリカ姓にすべて変えてしまった方が便利なのです。

パスポートの記載事項に必要だった書類

1)一般旅券訂正申請書(窓口にあります)1通
2)戸籍謄(抄)本1通(6ヶ月以内に発行された原本)
3)パスポート
4)手数料8ドル
さらに、外国式のつづりを表記するために必要な書類として
a)綴りを確認できる書類(運転免許証を提示)
b)非ヘボン式表記申請書(窓口にあります)1通

さらに、在外選挙人名簿登録をして帰ってきました。HPには総領事館の入っているビルに入るのに、セキュリティーチェックがあるかもしれないから、IDとかもってきなさい、と書いてありましたが、特にそのようなチェックはありませんでした。総領事館も、各種手続きに来た人がいっぱいで並ぶかな??と思ってましたが、オフィスに来ていたのは私だけ、あっという間に手続きも終わりました。

本日昼前に手続きをし、記載されたパスポートを取りに行けるのが木曜以降。永住権の面接のためにパスポートは絶対必要だし、ま、木曜日か来週あたりには取りにいくかな~。
スポンサーサイト
[2008/01/29 17:34 ] | 結婚のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
日本での婚姻届受理
ダンナの出生州に出生証明証の請求をしていたものが届いたので、和訳分(私が訳しても問題なし。公証は不要)をつけて、必要書類一式(詳しく知りたい方は7/11の日記参照)を本籍地の神戸市須磨区役所へ9/5に郵送しました。

連絡先に電話番号ではなくメールアドレスを記入しておいたので、今日9/10に区役所からメールが来て無事受理されましたとの事。しかも新しい戸籍の作成には4日ほどとの事でした。

アメリカで入籍した場合、大使館や総領事館へ郵送すると3か月ほど戸籍に反映されるのに時間がかかるとの事だったので、やはり直接本籍地への郵送の方が、書類も少なくてすむし早くていいかと。

ちなみにこの婚姻届は、あくまでも日本への婚姻の報告という事らしく、区役所に問い合わせたところ婚姻届けの右側の証人2人のサインは要らないと言われたので空欄のまま提出しました。あと、婚姻の日付もこちらでの婚姻の日が記載されます。
[2007/09/10 23:35 ] | 結婚のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
ウェディングドレス
今日は友達と一緒にウェディングドレスを見にダウンタウンへお出かけ。そのうち日本でもこっちでもパーティーするだろうし、やっぱり一度はウェディングドレス着とかないとねぇ。ということで、今婚約中で来年の春に結婚するという友達の友達も一緒に、3人でドレスを見に。いろいろドレスを見て、気に入ったものをいくつかピックして試着。

まず、お店においてあるドレスのサイズがでかすぎ!これがアメリカンの標準サイズなのか?あとは、やはり体格なんだろうけど、胸元が大きくあいたVシェイプのデザインは、バストがある程度ないと貧相だわ…いうことで、だいたい自分の好きな形もわかったし、ちょっとネットでさがすかな。こちらではウェディングドレスを買うのが主流です。日本みたいにバカ高くないし。日本のレンタル料金ぐらいで買えるかと。

ちなみに一緒にドレスをみていた子は、ウェディング用のでっかいファイルを持ち歩いていて、そこには雑誌でみて気に入ったドレスやブーケ、式場の飾り付けなど切り抜きとか、スケジュールとチェックリストとか、さまざまなものが挟まれてました。結婚は来年の春だというのに、すごい用意周到ぶり。なんかめんどくさそうだなぁ、みんなで集まって楽しくおいしい食事だけできたらそれでいいわ、私。
[2007/07/21 13:51 ] | 結婚のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
結婚しました
今日結婚しました!

私たちの場合まずは私のビザ関係のことを済ませたい、できるだけ早く働けるようになどの事情から、一番簡単に結婚できるcourthouseでの結婚式。親族や友人を呼んで盛大なパーティは、ひとまず書類関係がおちついてから考える予定。

ということで、私はワンピース、彼はネクタイ姿。友人夫妻が車で家まで迎えに来てくれて、結婚式のメロディーを口ずさみながらリムジンサービス(笑

courthouseで式を取り仕切ってくれた裁判官の女性はとっても素敵な人でした。宣誓の言葉は、彼女が「健やかなる時も病める時も…誓いますか?」と私に問い、「I do」とだけ答えるパターンを期待していたのですが、がっつりリピートさせられました。

I (私の名前) take you (彼の名前) to be my husband to have and to hold...というやつです。

結婚式のときに彼女が言ってくれたセリフがとっても感動的で、うるっときたのですが、この宣誓のシーンでは私はいっぱいいっぱいだったので、感動している余裕がありませんでした!そして指輪交換のときもさらにリピートがっ。

という感じでけっこう焦りまくってましたが、平日にも関わらず駆けつけてくれた友人たちに囲まれ、これで正式に夫婦になりました!

flower

[2007/07/13 11:56 ] | 結婚のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
日本への結婚の届け出
アメリカでこちらの方式にしたがって結婚するにあたり、日本への結婚の届けで手続きを調べた。こちらの結婚の証明書関係をそろえて日本に提出するのだが、日本大使館、日本総領事館に送付もできるが、どうやらアメリカ国内に書類を送ると、戸籍に反映されるのに1-2ヶ月かかるらしい。日本の本籍地役所に直接送付もできるらしいので、私はその方法を取ることに。というわけで、本籍地のある須磨区へ電話。

必要書類
婚姻届1通(注1
アメリカの婚姻証明証(マリッジサーティフィケイト)1通(注2
アメリカの婚姻証明証の和訳文1通(注3
旦那のアメリカ国籍証明書(注4
国籍証明書の和訳文1通(注3

注1 旦那の名前は英語ではなくカタカナで書く
   ただしサインは英語でよい 判子もなくてよいとのこと
注2 婚姻証明証はコピーではだめ
注3 訳は自分でしてもよい ただし訳した人のサインをきちんと添えること
注4 パスポートはだめ。出生証明証を取り寄せる事にしました。コピーはだめ

ちなみにこちらでの婚姻が済んでいるという事で、婚姻届右側の保証人の欄は無記入でよいとのことでした。あくまでも日本への報告という形になるらしいです。

大使館HPで調べたのよりずっと書類が少なくて済むし、戸籍反映も早いのでこっちのほうがいいかと思われます。本籍地のある役所での手続きだと、戸籍謄本とかいらないと思います。詳しくは自分の本籍地のある役所に電話するのが一番早くて確実かと。今手続きしそびれると、手続き忘れちゃいそうなので、婚姻届けを入手したら早々に送付する予定。

ちなみにアメリカ国内へ郵送する場合の手続きについて:
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/html/todoke/konin.htm
[2007/07/12 12:45 ] | 結婚のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。