スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ゲティスバーグ訪問
今日は再びピッツバーグへ戻る日。朝9時半頃にワシントンDCを出発し、1時間ほどのドライブでまずはフレドリックという小さな町のCozyというレストランで一休憩。この町、 歴代大統領の方々がバケーションに訪れる場所にほど近いので、多くのセレブリティーが食事をしに来るという歴史あるレストラン。

中には歴代大統領の訪問に関する資料などが沢山飾られていました
display

ビュッフェスタイルの朝食でお腹を満たして一路ゲティスバーグへ。

ゲティスバーグは南北戦争の激戦の地、として知られています。この地での激戦の3日間の後、北軍が勝利を収め、南北戦争の転換期として知られています。

まずはビジターセンターへ。これ最近になって新しい館がオープンしたところで、思っていたよりずっと大きく充実した建物でした。

visitorcenter

visitorcenter

ここで短い映画や展示を見た後、車でバトルフィールドを見て回ります。

battlefield

battlefield

広大なバトルフィールドなのですが、そのあちこちに、この戦いに参加した州ごとのモニュメントや、各連隊ごとのモニュメントなどがあります。これらは実際の戦いに関連した場所に設置されているので、前もってビジターセンターなどで確認をしておく必要があります。

こちらはペンシルベニア州のモニュメント
PAmonument

PAMonument

夫の曾祖父はこの戦いの地にいました。その為、このモニュメントには名前が刻まれているのです。

その後ゲディスバーグの駅の前を通りすぎる。ここもまた有名な観光地。この戦いから4ヶ月後、国立戦没者墓地の奉献式のため、この地へ電車でやって来たリンカーン大統領が降り立った駅なのです。
gettysburgh

この奉献式において、リンカーン大統領は「人民の、人民による、人民の為の政治…」という有名な演説を行いました。

小雨が降っていたものの、このようなアメリカの歴史において、とても重要な地に来れた事はほんとうによかった。また、夫の家族の歴史の一部でもある戦いの地。なかなか有意義な日を送れました。その後再びドライブを続け、8時頃にはピッツバーグへ無事帰還しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
↑遊びに来てくれてありがとう!今日もぼちぼちと参加中しております。励みになりますので、応援クリックをどうぞよろしくお願いします<(_ _*)>
スポンサーサイト
[2009/09/26 23:59 ] | アメリカ旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
ワシントンDC3日目ーその2
午後は会議の終わった夫と合流し、ワシントン大聖堂へ車で行ってきました。ジョージタウンやワシントン大聖堂は、ワシントンDCエリアではまれな、地下鉄では直接行けない場所です。

ジョージタウンを走っていると、"Old Stone House"を発見
Old Stone House

こちら、1765年に建てられた家で、ワシントンDCでは最古の建物なのです。

さらに少し車を走らせてワシントン大聖堂へ到着。
National Cathedral

National Cathedral

中に入ってみます
National Cathedral

National_Cathedral

この大聖堂、つい最近出来上がったばかり。建築開始が1907年で、83年掛かって作られました。ちなみにアメリカでは最も大きな大聖堂。パリで訪れたノートルダム大聖堂に比べるとずっと新しいこの大聖堂、ステンドグラスなどがものすごく鮮やかな色を放っています。

stained glass

アポロ計画で取って来た月の石のはめ込まれたステンドグラス
The Space Window

こちらを観賞後、ホテルへもどり休憩。今日はダウンタウンまでクラブケーキでも食べに出かけようと思ってたんですが、電話すると予約が取れるのが8時以降との事。そういや今日は金曜日でしたね…

というわけで、結局ホテル近くのレストランでシーフードを頂きました。こっちのほうがゆっくりできて結果的にはよかった。明日はまたピッツバーグへ戻る日。また明日長時間ドライブだし、ホテルの部屋でまったりとリラックスして就寝。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
↑遊びに来てくれてありがとう!今日もぼちぼちと参加中しております。励みになりますので、応援クリックをどうぞよろしくお願いします<(_ _*)>
[2009/09/25 23:59 ] | アメリカ旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
ワシントンDC3日目
ワシントン3日目。今日はワシントンモニュメントに昇る日。こちらも、2年前の旅行では訪れなかった場所。ワシントンモニュメントは人数制限があるため、朝一でキオスクに並んで整理券(無料)をもらうか、予めネットでこの整理券を予約する事ができます(1.5ドル)。

あいにくの曇り空ですが…
WashingtonMonument

2年前に国会議事堂を見学した際は朝早めにいって整理券を並んでゲットしましたが、今回はネットで予約。これが楽チン。ギリギリにキオスクに行っても問題なく時間通りに入れるのですごくオススメ。

ということでエレベーターであーっというまに最上階へ。

ジェファーソン記念館
Jefferson Memorial

リンカーン記念館
Lincoln Monument

ホワイトハウス
White House

ちょっと拡大
White House

スミソニアン博物館群が並ぶナショナルモール
mall

この日も曇り空だったのですが、それでも遠くまで見渡せて大満足。その後自然史博物館、スミソニアンキャッスルの前を通って午前中の散策終了。

スミソニアン自然史博物館
Smithsonian Natural History

スミソニアン博物館群の本部
Smithsonian Castle

またまた写真の数が多くなって来たので午後はその2へ続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
↑遊びに来てくれてありがとう!今日もぼちぼちと参加中しております。励みになりますので、応援クリックをどうぞよろしくお願いします<(_ _*)>
[2009/09/25 23:59 ] | アメリカ旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
ワシントンDC2日目ーその2
ギャラリーオブアートを出た後、国会議事堂の前を通り、
これぞワシントンDC!という建物ですよね。
capital

さらにアメリカンインディアン博物館の横を通り抜け
こちらも訪問済みなので今回は素通り
AmericanIndian Museum

航空博物館を駆け足で見学。ダレス空港近くにある別館には行ったのですが、こちらは初めてでした。

Air&Space Museum

メインホール
Air&Space Museum

イギリスの名機、スピッツファイアー
Spitfire

日本の名機、零戦
zero

その他ライト兄弟の飛行機や、アポロ11号宇宙船司令室などなど、見所満載です。こちらはお腹にいる子供が幼稚園に行くような年齢になったら是非一緒に見て回りたい所ですね(^_^)

こんな感じであっという間の一日。5時には会議が終わった夫と合流し、会議のメンバーたちと夕食。この日もぐったり疲れてバタンキュー。明日はいよいよワシントンモニュメントに昇ります。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
↑遊びに来てくれてありがとう!今日もぼちぼちと参加中しております。励みになりますので、応援クリックをどうぞよろしくお願いします<(_ _*)>
[2009/09/24 23:59 ] | アメリカ旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
ワシントンDC2日目
ワシントンDC2日目。

今日は夫は一日会議。私はナショナルモールの博物館群が開く10時に合わせて地下鉄でモールへ移動。スタバでメールをチェックしつつ、マフィンとコーヒーで遅めの朝ご飯を食べ、いざ、今日の目的地へ。

ジャジャーン
nationalarchives

こちらはナショナルアーカイブス。そう、今日は独立宣言や合衆国憲法、権利章典というアメリカ建国文書をこの目で見ようとここにやって来たのです。モールにあるスミソニアン博物館群はすべて無料。入り口でセキュリティーのチェックのみ受けていざ館内へ。

まずはナショナルアーカイブスの館自体の紹介をしている15分ほどのビデオを地下にあるシアターで鑑賞。その後地上階へ上がり、こちらがこの館の大目玉の部屋、アメリカの歴史の始まりといってもいい資料たち。

ここがメインの部屋となります。さすがに込み合っている。
Rotunda

こちらが独立宣言
Declaration

そして合衆国憲法
Constitution

そして権利章典
BillofRights

これらは羊皮紙に書かれています。原本は、なんとかうっすらと読める場所があるぐらいで、内容の部分はほとんど解読不能。でもこれを実際に見た!ということが重要。こんなふうにある国の始まりの歴史を目にできというのがるすごい。

これらを眺めた後、次に向かったのはこちら
National Gallery of Art

ギャラリーオブアート。こちらも同じくスミソニアン博物館群の一つ。ここではダビンチやルノワール、ピカソなどの有名絵画を見て回り目る。

モネの「睡蓮の池と日本の橋」
JapaneseBridge

同じくモネの「日傘をさす女」
Woman with a Parasol

ゴッホの自画像
Gogh Self-Portrait

フェルメールの「はかりを持つ女」
Woman Holding Balance

現存する絵画が33~36点ほどと数少ないフェルメールの作品を見れる貴重な場所。来年夏にははNYのメトロポリタン美術館にも行く予定なので、こちらでも数点見れそう!

そしてレオナルドダビンチの「ジネブラ・デ・ベンチの肖像」
Ginevra de' Benci

ダビンチの作品はヨーロッパ以外で見れるのはここのみとか。かなーりの名作ぞろいです。その割にはそんなに込み合ってるという感じではないのでゆっくりと絵を見て回る事が可能。

長くなって来たので続きはその2へ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
↑遊びに来てくれてありがとう!今日もぼちぼちと参加中しております。励みになりますので、応援クリックをどうぞよろしくお願いします<(_ _*)>
[2009/09/24 23:59 ] | アメリカ旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。